多チャンネル出力を行うために2台以上のAFGを同期させたい。

Question:

多チャンネル出力を行うために2台以上のAFGを同期させたい。

Answer:

以下に周波数のドリフトやチャネル間のディレイを取り除く接続を示します。

接続:
トリガ源からの信号をAFGに入れます。このときそれぞれのケーブルの長さをそろえることでトリガによるディレイを最小にします。
AFG3101, AFG3102, AFG3251, AFG3252は、10MHzのRef出力を持っていますので、一方のRefOutを他方のRefInに接続します。(図1)
もし、RefOutのないAFGを使っている場合、10MHzの基準信号出力源を用意して、それぞれのAFGに入力します。(図2)
Synchronization

図 1: Ref Outがある場合

sync 2

図 2: Ref Outがない場合

 

セットアップ:

  • AFGのUtilityメニューから、システムを選択し、トリガアウトをトリガに設定します。
  • マスター側のAFG(RefOut)は、Utilityメニューのシステムからクロックを内部に、もう一方のAFGは外部に設定します。
  • どちらのAFGもバーストモード、Infサイクルの設定にします。一度でもトリガが入力されると、連続して波形が出力される設定です。バーストモードのトリガソースを外部に設定します。

このように設定することによって、外部トリガ信号により、すべてのAFGの出力が同期して出て行きます。

FAQ ID : 66046

View all FAQs »
다운로드
다운로드

매뉴얼, 데이터 시트, 소프트웨어 등을 다운로드할 수 있습니다.

Go to top